ここから本文です

「『ごめん』という気持ちしかないです」意地の逆転、“秘密兵器“のCK披露も…インハイ3位の東山は初戦敗退に

2018/12/31(月) 22:03配信

ゲキサカ

[12.31 選手権1回戦 丸岡高 2-2(PK5-4)東山高 ニッパ球]

 インターハイ3位の東山高が初戦で姿を消した。前半2分に先制PKを許し、その後は「相手のカウンターのケアができていなかった。コンパクトにできなかった」(福重良一監督)ことでセカンドボールを拾って連続攻撃することができなかった。

 それでも前半33分、エースFW久乘聖亜(3年)が自ら獲得したPKを決めて同点。後半3分には「全国で自分たちが点獲っていくにはセットプレーしかないと思った」(CB井上竜稀、3年)という理由で取り組んできた“秘密兵器”のCKを披露する。

 左CKに対し、逆サイドのコーナー付近にポジションを取った5選手が一斉にゴール方向へダッシュ。久乘のキックからフリーのFW長坂大陸(3年)がヘディングシュートを放ったが、上手く合わせることができずに枠を外れてしまう。

 福重監督は「(選手権で勝つためには)守備とセットプレーが必要」と語る。そのため、選手たちはGK荒木光汰(3年)の案を採用して選手主導で武器を作り上げてきた。丸岡高DF陣を混乱させたこの武器はもう一度チャレンジしたものの不発。それでも29分、東山は交代出場の1年生MF掛見直央のクロスから井上がヘディングシュートを決めて勝ち越しに成功する。

 その後、幾度も好守を見せていたMF倉貫直人主将(3年)や井上を中心にリードを守っていた東山だったが、後半アディショナルタイムに追いつかれると、PK戦で敗退。選手権初白星を飾ることはできなかった。

 東山の現3年生は入学当初、周囲から「力が無い」と指摘され、悔しい思いをぶつけるかのように成長してきた。そして今年は宿敵・京都橘高を新人戦決勝、インターハイ予選決勝で撃破。インターハイでは全国初勝利を皮切りに3勝を挙げて3位に食い込んだ。そして選手権予選も優勝して京都3冠達成。一丸となって戦い、歴史を変えてきたが、井上は「きょう負けてしまって、『ごめん』という気持ちしかないです」と唇を噛んだ。

 夏の全国3位という注目を浴びる中で自分たちの全てを出しきれなかった。悔いの残る敗戦。それでも22年間閉ざされていた選手権への扉を開いた世代が、後輩たちに大きな経験を残したことだけは間違いない。

最終更新:2018/12/31(月) 22:03
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事