ここから本文です

規則改正激震!パチンコ・パチスロ機メーカーの2019年の変化とは

1/1(火) 11:00配信

LIMO

2018年2月には、実に14年振りの「風適法施行規則」の改正及び施行がありました。最大出玉削減などにより影響を受けると見られたパチンコ・パチスロ業界動向やその関連企業の動向に注目が集まりました。今回は、パチンコ・パチスロ機メーカーのその後の業績変化や2019年3月期決算、今後の業界の注目点についてみていきましょう。

「風適法施行規則」の改正及び施行の影響はパチスロ市場に

風適法施行規則の改正及び施行はここまでは、パチスロ市場への影響が大きかったと言えます。

9月までをみると、パチスロ機の型式試験における適合率が低調に推移し、結果、各メーカーからの「6.0号機(6号機)」の販売は限定的となっていました。

その一方で、パチンコ機市場はパチスロ機市場と比べて安定していたようには見えます。

では、そうした業界動向の中で、パチンコ機、パチスロ機メーカーの業績動向は、どうであったのか、また2019年はどうなるのかについてみていきましょう。

業績が大復活した平和

平和が2018年11月9日に発表した2019年3月期第2四半期(上期)の連結業績は、売上高は対前年同期比+29%増、営業利益は同+299%増(約4倍に)と大幅改善しました。

前年度の上期が大幅の減収減益であったことを考えれば、その改善は目を見張るものがあります。

同社はパチンコ機やパチスロ機で構成される「遊戯機事業」と「ゴルフ事業」から構成されていますが、その改善の背景は「遊技機事業」の改善となります。特に、パチンコ機の事業については前年度上期実績は営業損失の状態でしたが、大きく黒字へと反転しました。

パチンコ機については販売台数が前年度上期の3.6万台から今年度上期は5.8万台へと大きく改善。また、パチスロ機も1.1万台から3.9万台への回復を見せています。

パチンコでは、「JAWS再臨 SHARK PANIC AGAIN」(2018年5月発売)が、上期発表時点で1.6万台の販売台数、「戦国乙女5 10th Anniversary」(2018年8月発売)が1.3万台となっています。

また、パチスロでは、「パチスロ ルパン三世 世界解剖」(2018年8月発売)が1.6万台、「パチスロ 不二子 TYPE A+」(2018年4月発売)と、ルパンが人気となっています。

1/3ページ

最終更新:2/4(月) 18:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事