ここから本文です

2019年の世界経済を大予測 日本の景気は?

1/1(火) 12:40配信

The Telegraph

日本の景気は?

■好調な国々

 景気は世界的には低調だが、ブラジル、カナダ、メキシコなど好調を示す国もある。韓国、南アフリカ、サウジアラビアなども、景気は穏やかな上昇局面を迎える。それ以外の国々についても以下に具体的に挙げてみる。

・日本

 自動車に関しては目立った貿易戦争が起きていないため、日本経済はやや加速する。JPモルガンのアナリストらは、日本政府が施行する改正出入国管理法によって外国人労働者の流入が増え、労働人口の高齢化対策として奏功するのではないかとみている。

・英国

 英国の2019年の経済成長率は1.4~1.5%で、景気は上向くとみられているが、予測はEU離脱(ブレグジット、Brexit)に大きく左右される。「合意なき」離脱が起きれば、経済界はパニックを起こし、合意がなされた場合は、抑えてきた投資が一気に行われるかもしれない。

 経済コンサルタント会社オックスフォード・エコノミクス(Oxford Economics)のグローバルエコノミストのベン・メイ(Ben May)氏は、世界経済には「陰うつな雲」が垂れ込めていると言う一方で、リスクが誇張され過ぎているとも指摘。2019年が不況になる確率はわずか5%で、経済成長はここ数か月でじりじりと上昇してきているとすら考えている。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デーリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

2/2ページ

最終更新:1/1(火) 12:48
The Telegraph

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事