ここから本文です

交渉期限迫る菊池雄星、シアトルでマリナーズと「面談」 MLB公式が報じる

1/1(火) 8:28配信

Full-Count

MLB公式サイトが速報「マリナーズと面談するため、シアトルを訪れる予定」

 西武からポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を目指している菊池雄星投手が、マリナーズの本拠地シアトルを訪れるとMLB公式サイトが報じた。当初から本命球団の1つとされてきたマリナーズとの「面談」の行方に大きな注目が集まる。

【写真】「これはどういうことだろうか?」…菊池雄星が“美人妻”と一緒にアナハイム・ダックスのユニを着てNHLを観戦

 MLB公式サイトは「日本のスターであるキクチがマリナーズを訪れる」との見出しで速報。記事では「関係者によると、日本の傑出した投手であるユウセイ・キクチはマリナーズと面談するため、シアトルを訪れる予定だ」としている。菊池サイドとメジャー球団の交渉期限は米東部時間2日午後5時(日本時間3日午前7時)。ギリギリのタイミングでのシアトル訪問となる。

 記事では、昨年12月のウインターミーテイングでのジェリー・ディポトGMのコメントを紹介。「キクチが結ぶのは1年契約ではないだろう。彼は我々が成し遂げようとしていることに対して、大きく貢献してくれるはずだ」「彼は非常に素晴らしい。彼のパフォーマンスが物語っている」「彼の球は本物であり、日本で多くの成功を収めた。彼は長年にわたり活躍しているので、我々はNPBのどの選手よりも長くスカウトしていることだろう」などと熱烈なラブコールを送っていた。

 同GMは「彼がここに来たいかどうかは、分からない」とも話していたが、マリナーズが当初から菊池争奪戦で最も積極的な球団であったことは確か。「カズ・ササキ、イチロー、クマなど、彼らはスターになった。日本とアメリカの素晴らしいコミュニティがある」と自信ものぞかせていたが、果たして交渉期限ギリギリで菊池のハートを射止めることになるのだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:1/1(火) 8:28
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事