ここから本文です

【箱根駅伝】中大2区・堀尾謙介「これは行くしかない」3位でたすきつなぐ

1/2(水) 12:01配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

【写真】1区 中大・中山顕が1秒差で区間賞逃す

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。2日の往路(5区間107・5キロ)が定刻の午前8時にスタートした。戸塚中継所では国士舘大のライモイ・ヴィンセント(1年)が2時間10分6秒の1位でたすきをつないだ。2位は5秒差で東洋大、3位は中大、5連覇を狙う青学大は8位でたすきをつないだ。

 2区1位=国士舘大・ヴィンセント(1年)「チームを1位にするためにベストを尽くしたけど、(区間)3位だった。ちょっと疲れました」

 2区2位=東洋大・山本修二(4年)「先頭でたすきをもらっていいペースで走ることができたけど、最後は(国士舘大に)離されてしまい、自分の弱さが出た。それでも最低限の力は出せた。箱根に苦しめられ、育てられた4年間。いい思い出も悪い思い出もある。1年生から3年生まで(総合)2位を経験しているので、今年こそという思いでやってきた。苦しいレースも多かったけど、3年生の時に(3区で)区間賞を取ることができて、自分の殻を破れた。今年は2年ぶりにエース区間に戻って、きつくて苦しかったけど、楽しんで走れました」

 2区3位=中大・堀尾謙介(4年)「中山(顕・4年)がトップと1秒差といい位置でたすきを渡してくれたので、『これは行くしかない』と思って走りました。調子は良かったので、いい位置で次に渡せました。自分の走りをしてほしいです」

 2区4位=日大・ワンビィ(4年)「目標は区間賞でした。(2区歴代2位の記録に)たくさん応援をしてもらって気持ち良かった。途中、13~18キロまで、さし込みでおなかが痛かったので我慢して走っていた。来年の東京五輪に出て、1万メートルを走りたい」

 2区5位=東海大・湯沢舜(4年)「4年間でやっと箱根を走ることができました。悔しい思いもあったけど、きょういい走りができてよかったです。緊張はあまりなかったです」

 2区9位=順大・塩尻和也(4年)「大学の先輩の三代さんの記録になんとか届いた。しっかり記録を残せてうれしい。区間賞を取れなかったことは悔しいけど、4年間で一番のタイムで走れたのでよかった。自分の役割は果たせた」

 2区12位=拓大・デレセ(4年)「キャプテンだから、最後だと思っていつもより気持ちもあって走った。去年からタイムを落としてしまったのでちょっと悔しい」

 2区21位=山梨学院大・永戸聖(4年)「前半はプラン通りだったが、最後の坂の3キロくらいのところで足が思うように動かなかった。みんなのために自分がしっかり、と思って走った。でもふがいない結果になってしまった」

最終更新:1/2(水) 13:47
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事