ここから本文です

【箱根駅伝】往路優勝の東洋大・酒井監督、総合Vへ「主導権を取れる出だしをしたい」

1/2(水) 14:01配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。往路は2日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前スタート、神奈川・箱根町ゴールの5区間107・5キロで行われ、東洋大が5時間26分31秒の往路新記録で2年連続7度目の往路優勝を果たした。2014年大会以来、5年ぶり5度目の総合優勝を目指す。

 酒井俊幸監督は往路新記録での優勝に「5人ともよくベストの走りをしてくれたと思います。西山の区間賞から始まり普段通りの流れだった。3区の青山学院大学の森田選手には参ったなぁと思ったんですが、4区の相沢が区間新記録で流れを戻しましたので東洋としては理想の流れでした」と振り返った。

 昨年からの成長を「内面も走力も磨いてきたかなと思ってます。選手の力が成長したことが証明できて嬉しく思っています」とし復路へ向けて「気の抜ける差ではありませんし、6区、7区で主導権を取れるような出だしをしたいと思います」と引き締めていた。 

 復路は3日午前8時に箱根町をスタートし、読売新聞社前のゴールを目指す。

最終更新:1/3(木) 21:58
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事