ここから本文です

女が甘やかすから九州男児はつけあがる?「悪循環は平成で終わりに」妻・母の誓い

1/2(水) 9:52配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

「息子を“九州男児”には育てたくない」

福岡市でIT企業の会長を務める佐々木久美子さん(40代)は、2人目の子どもを出産してほどなく離婚、起業した。結婚生活を振り返り、「子育てに関しては親の助けを借りたけど、家事は妻の仕事と思っていて、夫に手伝ってほしいと思ったことすらなかった」と話す。

起業後に海外を含む他地域のビジネスパーソンとの交流が増え、「自分の価値観が特殊、というか古いの?」と意識するようになったという。東京の友人に勧められて、最近家事代行サービスを定期利用し始めたが、「九州は家事のアウトソースに後ろ向きで、新規開拓が進まないと、(家事代行の)業者さんも言っています」。

佐々木さんの長男は小学生。ママ友と集まると、「自分の子どもは、“家のことを何もしない九州男児”にはしたくないね」と話す。

「九州男への批判って、結局そういう男性を育てた環境への批判ですからね」

(文・浦上早苗)

浦上早苗

4/4ページ

最終更新:1/2(水) 19:44
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事