ここから本文です

けもフレ声優が「一生、面倒見る」と決めた相手 外来動物と暮らすということ「家族としてお迎えする責任」

1/7(月) 7:00配信

withnews

 1月7日に放映が始まる、動物をモチーフにしたアニメ「けものフレンズ2」。メインキャラクター「フェネック」役を務める声優・本宮佳奈さんは、自身も外来動物「デグー」と暮らしています。野生の環境を再現するため、24時間冷暖房が欠かせない生活。ツイッターでは「動物を安易に飼わないで」と呼びかけつつも、「旦那みたいな存在」と言えるほど溺愛しています。「生き物を家族としてお迎えする責任を果たしたい」。本宮さんの信念から、動物を飼う意味について考えてみました。(withnews編集部・神戸郁人、野口みな子)

【写真】「もはや本宮さんの夫」と話題のデグー・きすけ。モフモフの体ですり寄る姿は悶絶級の愛らしさ!

「事実婚カップル」ツイッターで名物に

 2017年に大ヒットしたアニメ「けものフレンズ」への出演を経て、知名度を高めた本宮さん。3万人超のフォロワーがいるツイッターアカウント(@motomiyakana)には、自宅で飼うデグー「きすけ」(♂)の話題が、連日のように登場します。

 デグーはチリ原産のげっ歯類で、愛らしい外見と、人なつっこさが特徴です。近年、国内でも人気が高まっています。

 本宮さんはツーショットをたびたび公開。「私の旦那さんです」と「宣言」し、フォロワーからも「事実婚カップル」と呼ばれるなど、今や名物になっています。

 同時に、外来種ゆえの飼育の難しさや、動物と接する時の心構えを発信。安易に飼うことを戒める投稿も少なくありません。今回、背景にある思いについてインタビューしました。

「賢さ」と「可愛さ」のとりこに

――きすけくんが、本宮さんのもとに来たのはいつごろでしたか

 2014年11月です。9月生まれで、今は4歳。デグーの寿命が7~10年と言われていて、人間に当てはめると30~40歳くらいでしょうか。

――デグーを飼いたいと思ったきっかけは

 直前に、飼っていたハムスターが息を引き取ってしまい、いわゆる「ペットロス」になりました。その時、偶然デグーの動画を見たんです。名前を呼ばれ、駆け寄ってくる姿が印象的で。その賢さや、ハムちゃんにそっくりな姿のとりこになりましたね。

 どこで会えるか分からず、里親募集のウェブサイトなどを調べた結果、あるペットショップで取り扱っていると分かったんです。動物好きの父と、迷わず車を走らせ向かいました。

――きすけくんの、どんな点にひかれたのでしょう

 ショップのサイトに「なでなでが大好きな子」と書いてあって、まさにデグーのイメージ通りだなと。実際に会っても、ただただ可愛くて、一目ぼれしてしまいました。

1/4ページ

最終更新:1/7(月) 7:00
withnews

あなたにおすすめの記事