ここから本文です

アップル、業績予想を下方修正

1/3(木) 8:20配信

共同通信

 【ニューヨーク共同】米アップルは2日、2018年10~12月期の業績予想を下方修正し、売上高が前年同期比5%減の約840億ドル(約9兆1500億円)にとどまると発表した。中国の景気減速で、主力製品のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が振るわなかった。売上高が前年同期を下回るのは9四半期ぶり。

 アップルが業績見通しを下方修正するのは珍しい。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は株主への手紙で「中華圏(中国と台湾)で、これほどの減速を予想していなかった」と説明。米中貿易摩擦が中国景気の下押し要因になっていると指摘した。

最終更新:1/3(木) 10:38
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事