ここから本文です

サウジ、記者殺害で初公判=検察は死刑求刑

1/3(木) 20:23配信

時事通信

 【エルサレム時事】サウジアラビアの首都リヤドの裁判所で3日、サウジ人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件の初公判が行われ、検察当局は11人の被告のうち5人の死刑を求刑した。

 国営サウジ通信が報じた。

 事件をめぐっては、昨年11月の時点で検察が5人の死刑求刑を明らかにしていた。初公判を受け、正式に求刑したとみられる。サウジ通信は、公判には「11人全員が弁護団と共に姿を見せた」と伝えた。

 サウジはトルコ検察に証拠提供を求めているが、トルコ側は応じていない。ムハンマド皇太子らサウジ指導部の事件への関与を疑うトルコは、サウジで事件の真相が隠蔽(いんぺい)される事態を懸念しており、容疑者の身柄引き渡しを求めている。 

最終更新:1/3(木) 20:33
時事通信

あなたにおすすめの記事