ここから本文です

青学大・原監督がツイッター開始予告「目標はフォロワー55万人」発信を継続

1/3(木) 22:14配信

デイリースポーツ

 「箱根駅伝・復路」(3日、神奈川県箱根町芦ノ湖駐車場~大手町)

 5連覇と史上初となる2度目の大学駅伝3冠を目指した青学大は、往路6位から猛追し復路優勝を果たしたが、10時間55分50秒で総合2位だった。東海大が初優勝し、往路優勝の東洋大は総合3位だった。

【写真】青学大・原晋監督が反省「4区の難しさ、大切さを」考えるべきだった

 往路のブレーキが大きく響いただけに、原晋監督は「私の采配ミス。距離が長くなった4区の重要性を甘く見ていた」などと反省点を挙げた。4連覇で蓄積したデータやノウハウに基づいた強化も結果的には奏功せず、「進化を止めたら退化になるんだなと感じた。立ち止まった時点でそのチームは後退する。また新しい何かを探してチャレンジしていかないといけない」と、一からの再出発を誓った。

 手始めとして翌日から指揮官自身が新しいことに挑戦する。レース後の報告会で、原監督は「私もついにツイッターを始めます」と宣言。近年はテレビのコメンテーターなども務め、体罰による指導を批判するなど論客として活躍しているが、「(SNS上でも)陸上界やスポーツ界、大学教育の在り方などについて発信していきたい」と鼻息を荒くした。

 今大会のスローガンだった「ゴーゴー大作戦」にちなんで、「あした(4日)の(午後)5時5分から始める」と予告し、「目指すは55万人のフォロワーです」とぶち上げた。それを聞いた報道陣からは「どうせなら5日に始めた方が語呂がいいのでは…」という心の声も聞こえたが、細かいことは気にしない。

 敗軍の将となっても、スポーツ界の新たなオピニオンリーダーとして提言し続ける。

あなたにおすすめの記事