ここから本文です

プロ野球、平成最強チームはどこ? 近鉄含む13球団の通算成績を振り返る

1/3(木) 7:40配信

Full-Count

巨人が優勝12回とセパ合わせ断トツの1位

 平成は今年4月30日で終了する。この30年間、日本のプロ野球はどんな勢力図を描いたのか。平成30年間の野球界をデータで振り返ろう。まずはチーム成績、30年間の勝敗のランキングをしてみよう。

【一覧】この中から広島へ…!? 巨人プロテクト漏れ選手 独自予想一覧

セ・リーグ 優勝はリーグ優勝。CSの勝敗は含まない。

1巨人 4156試2247勝1829敗80分 率.551 優勝12
2中日 4160試2091勝1983敗86分 率.513 優勝5
3ヤクルト 4162試2033勝2049敗80分 率.498 優勝6
4広島 4161試2014勝2062敗85分 率.494 優勝4
5阪神 4160試1965勝2118敗77分 率.481 優勝2
6DeNA 4161試1828勝2257敗76分 率.447 優勝1

※DeNAは大洋、横浜時代を含む。

 最近は優勝から遠ざかったが、巨人が勝率でも優勝回数でも1位。2位の中日とは155ゲーム差がついている。平成は今年の4月30日まで続く。各球団は30試合弱を消化するが、この差を挽回することはできない。2位の中日は21世紀に入り、落合博満監督時代に8年間で優勝4回、2位3回、3位1回と強かった。

 3位のヤクルトは90年代、野村克也監督時代に3回優勝している。現在リーグ3連覇中の広島だが、1991年、山本浩二監督時代に優勝してから2016年に優勝するまで25年も優勝がなかった。阪神は95年から2001年までの7年間で6回最下位。ファンが今も「暗黒時代」と呼ぶ弱い時代があった。このことが響いて5位。DeNAは1998年、横浜時代に優勝したが、以後長く低迷。DeNAとなったここ数年は、CS争いに絡むようになっている。

 平成トータルのリーグ優勝は巨人ということになる。しかし巨人は、戦前、1リーグ時代は勝率.656(783勝410敗、14期で8回優勝)、2リーグ以降の昭和期は勝率.593(2892勝1988敗 39年で24回優勝)と圧倒的な強さだったから、相対的には弱くなったといえる。ドラフト制度などで、戦力均衡が進んだのだ。セ・リーグ各球団の試合数が異なるのは、1990年から2000年まで引き分け再試合制度だったためだ。

1/2ページ

最終更新:1/3(木) 8:36
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事