ここから本文です

【川崎・報知オールスターC】競り合い制したヤマノファイト、本橋孝太騎手は「本当にファイトに感謝」

1/4(金) 13:00配信

netkeiba.com

 3日、川崎競馬場で行われた第55回報知オールスターC(4歳上・ダ2100m・1着賞金1500万円)は、中団でレースを進めた本橋孝太騎手騎乗の1番人気ヤマノファイト(牡4、船橋・矢野義幸厩舎)が、2周目3~4コーナーで先団に取りついて、直線では内の2番人気タービランス(牡6、浦和・水野貴史厩舎)との競り合いを制し優勝した。勝ちタイムは2分16秒6(良)。

【本橋孝太騎手のコメント】
「幸先の良いスタートが切れたので、いい年になりそうな気がします。いつも(ヤマノ)ファイトに乗るといい騎乗が出来なくて、今日も自分の気持ちが先立って出負けしてしまって。でも、馬の力で勝ってくれて、本当にファイトに感謝です。

 道中あの位置(中団)でしたが、厩舎の皆さんの仕上げは万全だったし、川崎なので前の馬たちをしっかり射程に入れておこうという感じでした。ちょっと指示したら、すぐ動いてくれたので、焦りはありませんでした。

 タービランスが競り強い馬ということを知っていたので、少し離して追って前に出たんですが、泰斗さんもよく知っててすぐに寄せられて詰め寄られたので、何とか頑張れ、と思って追いました。

 まだまだ若い馬で、この世代は中央も地方も強い馬が揃っていますが、その中でもファイトならやっていけると思っています。応援よろしくお願いします」

【矢野義幸調教師のコメント】
「スタートで二の脚の差で位置が下がってしまったんですが、上手く外に持ち出して行けたので、逆に馬場の軽いところを走れたかなと思います。(ゴール前は)接戦に強いところがあるので、抜くんじゃないかと思ってました。(今日の状態は)前走よりも絞れていました。

 次は川崎記念に行こうか、オーナーと相談していきたいと思ってます。古馬になって、受けて立つ身になると思います。応援よろしくお願いします」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

最終更新:1/4(金) 17:23
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事