ここから本文です

【RIZIN】那須川天心「めちゃくちゃ元気です」

1/4(金) 21:55配信

イーファイト

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.14』のメインイベントで、プロボクシングで50戦無敗、5階級制覇を達成したフロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)に挑み、初回2分19秒、3度のダウンを奪われてTKOに散ったRISE世界フェザー級王者の那須川天心(20=TARGET/Cygames)が1月4日(金)にSNSを更新した。

【フォト】ガードを固めるメイウェザーのボディを打つ那須川

 那須川は「あっという間だったなあ」と試合を振り返り、試合後の状態を心配するファンへ向けて「ダメージやメンタルはもう大丈夫です! めちゃくちゃ元気です。また頑張ります!」と、元気であることを告げた。

 また、別のSNSでは「僕は格闘界に大きな夢を見て頑張って来ました。空手、キックボクシング、MMAそしてボクシング。この試合の話が来た時、メイウェザー選手と戦うチャンスはもう絶対巡ってこないから今しかないと思ったし、階級も違う、やって来たことも違うとは思いましたが、僕自身も逃げずにやらなくてはならないと思い試合を受けました。試合が決まってからこの一戦に向けての日々は、とても楽しかったし、不安だったし色々なことを考えながらの時間でした」と、長文で試合を振り返っている。

 さらに「結果は倒されてしまいましたが、後悔はないです。もっと出来ると思った自分が情けないし、悔しかったですが、現実を受け入れて、またチャンスがあれば何事にも逃げずに挑戦したいと思います。チャンスを活かす為の努力がまだ自分には足りなかったことに気付きましたし、この敗戦を機に自分自身を改善して今年は突き進んでいこうと思います。色々ありましたがメイウェザー選手は本当に凄く強かったです。
舐めていたのは僕自身でした。僕も必ずそこの域に行きます!」と、すでに先を見据えていると綴った。

 那須川は3月10日(日)東京・大田区総合体育館から開幕する、優勝賞金1000万円のRISE世界トーナメント『RISE WORLD SERIES 2019』への出場が決まっている。メイウェザー戦を経て、那須川はどのような戦いを見せるか。

最終更新:1/4(金) 21:55
イーファイト

あなたにおすすめの記事