ここから本文です

【ラグビー】結果を残せず悔しいけれど。帝京大主将・秋山大地の誇らしく、幸せな1年。

1/4(金) 13:59配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 曲がりくねった歩みながらも確実に10連覇に近づいていた。
 しかし、その道は途切れた。
 1月2日の秩父宮ラグビー場。帝京大は全国大学選手権準決勝で天理大に敗れる。
 7-29の完敗だった。

 黒い矢は鋭く、重かった。
 そのアタック、タックルを受けて、過去9シーズンも頂点に立ってきた真紅の王者は顔を歪めた。
 チームを率いたLO秋山大地主将は試合後、勝者を称えた後に言葉を続けた。
「1年間準備してきたことを100パーセント出そうとしたし、出し切ったけど残念な結果に終わりました。帝京大学全員で戦った結果です。誇りに思います。これをしっかり受け止めて、3年生以下には来年につなげてほしいと思います」
 立派だった。

 スクラムで押され、各局面で圧を受けた80分。スキッパーは、「(天理の)スクラムは右に左に動いてきた」と体感を話した。
 勢いのある相手に気圧された。試合の序盤にSO北村将大を失った(脳震盪)アクシデントもあったが、「特別なことでなく、やってきたことをやろう」と声をかけ続けて必死に抗った。
 しかし、0-12で迎えた後半立ち上がりにトライを返しても流れは取り戻せなかった。
「これまでなら前に出ることができたところで出られなかった」
 反攻の糸口をつかめなかった。

「先輩たちからつないでもらったバトンを後輩たちに渡すのが僕の、4年生たちの責任でした」
 キャプテンは、ラストイヤーに託された自分たちのミッションをそう理解していた。
 それは毎年の最上級生も同じだろう。しかし、今季は連覇が10に届くという特別な状況もあった。
「プレッシャーはありました。でも、そのプレッシャーは自分たちにしかできないチャレンジだし、10連覇は僕たちしか目指せない場所と思うようにしました」

 昨季まで大学選手権9連覇を果たし、常勝軍団として成熟を重ねてきた。
 しかし、秋山主将が率いるチームは1年のスタートで敗れる。関東大学春季大会の初戦で明大に屈したのだ。
「(だから自分たちは覇権を)守るという意識はありませんでした。チャレンジャーとして思い切ってやっていこう、と」
 夏合宿では3試合戦い(Aチーム)、天理大にこそ辛勝したが、明大、早大に敗れた。
 関東大学対抗戦でも慶大に迫られ、明大に敗れる。
 いつもの年と違う足どりで最終章の舞台に立っていた。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事