ここから本文です

“炎上ツモ”状態を抜け出したきっかけは? 天国も地獄も味わったマックスむらいの現在

1/4(金) 12:01配信

新R25

YouTuber・マックスむらい。

この名前を聞いて、どんな印象を抱くでしょうか?

ゲーム実況者として人気YouTuberとなり、自身の会社も上場。世間から大注目されましたが、わずか1カ月半後に、元役員の横領事件を公表して大炎上しました。

一時は「マックスむらいはオワコン」という声も聞こえましたが、最近その評価がちょっと変わりつつあります。

今回はYouTuberとして天国も地獄も味わったマックスむらいさんに、今だから語れることや現在の活動についてお話を聞いてみました。

〈聞き手:ライター・文希紀〉

マックスむらいは全盛期にいくら稼いでいたのか?

ライター・文:
早速ですが、マックスむらいさんの最盛期の話から聞かせてください。

いつが一番波に乗っていましたか?

むらいさん:
やっぱりAppBankが上場したときですかね。「ついにYouTuberの会社が上場したか」みたいな。

そのタイミングがマックスむらいの過去最高のときですね。

ライター・文:
チャンネル登録者数100万人以上、さらに会社も上場となると、収入もかなり増えたんじゃないかと思います。

どのくらいだったのか…って教えていただけますか?

むらいさん:
実は、YouTuberとしての収入はぜんぶ会社にあげちゃったんですよ。

だから私自身は全然お金持ちにならなかったんです。

ライター・文:
えー!! じゃあもし収入がすべて自分の懐に入ってたとしたら、どれくらい生活が変わったと思います?

むらいさん:
…もし個人でやっていたら、使える現金は今の100倍ぐらいはあったんじゃないかな。

31歳でYouTuberとしてデビュー。『パズドラ』の成長とともに急成長した

ライター・文:
YouTuberといえば若い人が多い印象ですが、むらいさんは30代から動画投稿を始められていますよね。

どんなきっかけがあったのでしょうか?

むらいさん:
もともとは、iPhoneの便利アプリなどを紹介するブログメディアをやっていました。

当時はまだiPhoneが出たばかりで、全然普及していなかったんです。でも、私はきっと1人1台iPhoneを持つ時代が来ると思ってました。

まだその機会が来てないだけだと。

ライター・文:
機会とは?

むらいさん:
iPhoneでしかできない、夢中で遊べるコンテンツが出ることです。それが登場すれば、爆発的に普及するだろうと思ってましたね。

ライター・文:
その期待に応えたのが『パズル&ドラゴンズ』(以下、パズドラ)だったんですね。

むらいさん:
そうです。YouTubeやニコニコ動画などがだんだんスマホで見られる時代になり、動画や生放送をやってみようと生まれたのが、“パズドラ攻略”でした。

やるからには、「パズドラをブームにさせてやる」という意気込みで向き合いました。

ライター・文:
それで、パズドラが成長すると共にマックスむらいさんの人気も上がっていったと。

むらいさん:
はい。とにかくスマホゲーム市場の拡大は凄まじいんですよ。

便利アプリ系と違って、ゲームは課金もある。動くお金がケタ違いなんです。

1/4ページ

最終更新:1/4(金) 12:01
新R25

あなたにおすすめの記事