ここから本文です

ベイル、レアル加入後14度目の負傷交代…ソシエダ戦も欠場のおそれ

1/4(金) 11:24配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、またしても負傷したようだ。スペイン紙『マルカ』が1月3日付で伝えている。

 同日に行われたリーガ・エスパニョーラ第17節で、レアル・マドリードはビジャレアルとのアウェイゲームに臨んだ。先発メンバーに名を連ねたベイルだったが、レアル・マドリードの1点リードで迎えた38分にピッチ上で座り込んでしまう。結局、同選手は後半開始からスペイン代表MFイスコとの交代を余儀なくされた。『マルカ』紙によれば、ベイルの負傷による途中交代は、2013年夏の加入以降これが実に14度目となっている。

 ベイルは今後検査を受け、負傷の程度が判明する模様だが、次節のレアル・ソシエダ戦までは中2日というタイトスケジュールだ。そのため、同紙はベイルがレアル・ソシエダ戦を欠場するおそれがあると報じている。2019年も早々からケガに見舞われてしまったベイルだが、クラブとしては軽傷であることを祈るばかりだろう。

SOCCER KING

最終更新:1/4(金) 11:24
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事