ここから本文です

ジャイアント馬場さん側近3人がマル秘トークショー 元子夫人の意外な素顔も明かす

1/5(土) 17:33配信

オリコン

 1999年に亡くなったジャイアント馬場さんの没後20年のメモリアルイベント『~ジャイアント馬場展~』の一環として、同展が開催されている東京・東急百貨店本店で5日、馬場さんの側近だったプロレスラーの渕正信、レフェリーの和田京平、リングアナの木原文人によるトークショーが開催された。

【写真】ジャイアント馬場さんの秘話を語った渕正信

 3人は馬場さんが旗揚げした全日本プロレスの中枢として、生前の馬場さんと妻の元子夫人をリング内外から支えてきた。この日もそんな3人だからこそ語ることができる秘話が次々と飛び出し、集まった往年のファンを楽しませた。

 先月28日にはTBS系『爆報!THEフライデー』で元子さんが特集され、所属選手を怒鳴りつけ、試合のカードを自ら決定する“女帝”ぶりが放送されたが、和田レフェリーは「あんな怒り方はじゃなくて、もっと品のある怒り方をされる方だった。それに、何よりもレスラーを大事にする人でした」と、本当の素顔を明かした。

 そのほか、馬場さん夫妻と訪れたハワイ旅行の思い出、高級ホテルのレストランで常に食事していた馬場さんが実はB級グルメ好きだったというプライベートなエピソードのほか、2000年に当時のエースだった故・三沢光晴さんが大量の選手とスタッフを引き連れて独立した“大量離脱”騒動など、たっぷりと語り合った。

最終更新:1/7(月) 17:25
オリコン

あなたにおすすめの記事