ここから本文です

週刊SPA!「ヤレる女子大学生RANKING」記事に反対署名1万7000件  「日本の恥さらし」と怒りの声も

1/6(日) 17:45配信

ねとらぼ

 『週刊SPA!』(扶桑社)が2018年12月25日号で掲載した「ヤレる女子大学生RANKING」に反対する署名運動が1月4日に開始されました。1月6日時点で約1万7000人分の署名を集め、現在も賛同者が増え続けています。

【画像:問題となった『週刊SPA! 2018年12月25日号』】

 問題の記事は「ヤレる[ギャラ飲み]実況中継」というタイトルで、お金を払って女性を食事の場に呼ぶサービス「ギャラ飲み」を本来の目的とは違う、“ヤる”ことを目的に実際に利用してみた結果をレポートとしてまとめていました。そしてその中で、ギャラ飲みにやってくる女子大学生を“ヤれる可能性の高い大学”としてランク付け。1位~5位までを実名で掲載していました。

 今回、署名サイト「Change.org」にて呼びかけを開始した発信者は「女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい」と、問題の記事の撤回と謝罪を要求。また、週刊誌および出版社による女性の差別用語や軽視する発言を今後一切やめるよう求める内容も署名に盛り込んでいます。

 なお、2016年には『週刊SPA!』が運営するニュースサイト「日刊SPA!」に、「女性の“お持ち帰り率”がアップするお酒は? テキーラがNGなワケ」という記事が掲載され、「準強姦罪を推奨・幇助しているのでは」と問題になり炎上。また同発信者は、2012年掲載の「簡単にヤレる!? お持ち帰りしやすい女のコの特徴とは?」(日刊SPA!)という記事も女性を軽視する内容の一例として挙げています。

 署名運動の賛同者からは「下品な内容」「日本の 恥さらしです」「同性でも怒りさえ感じる」と『週刊SPA!』編集部の謝罪と反省を望む声から、「自分の妻や娘が通う大学が取り沙汰されていて侮蔑を感じないでしょうか?」と常識や感覚を疑う声、また「名前の上がった大学は大学として抗議すべき」などの声も寄せられています。

ねとらぼ

最終更新:1/6(日) 17:45
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事