ここから本文です

文大統領、10日に記者会見=日韓関係で見解表明へ

1/6(日) 15:34配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国大統領府は6日、文在寅大統領が10日午前10時(日本時間同)から新年の記者会見を行うと発表した。

 日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決や、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題などで悪化している日韓関係について、見解を表明するとみられる。

 文氏は昨年12月、日韓議員連盟の額賀福志郎会長らとの会談で、最高裁判決を尊重する考えを強調し、「十分な時間をかけて解決策を模索していく」と説明、具体的な対応策には言及しなかった。

 安倍晋三首相は6日放送のNHK番組で、原告側の資産差し押さえ申請に対し、「具体的な措置」の検討を関係省庁に指示したと述べており、文氏が記者会見で韓国政府の対応策に触れるかが焦点となる。 

最終更新:1/6(日) 20:05
時事通信

あなたにおすすめの記事