ここから本文です

【巨人】原監督、阿部慎之助は捕手一本 一塁スタメンは「ない」

1/7(月) 6:04配信

スポーツ報知

 巨人の原辰徳監督(60)が6日、4年ぶりに捕手に復帰する阿部慎之助捕手(39)の起用構想について言及し、近年の主戦場だった一塁での起用を「ない」と断言した。阿部の一塁スタメン起用は「チームの後退」を意味すると考えているからだ。春季キャンプでは「一塁・阿部」を完全封印。100%捕手として状態をチェックし、3月29日の開幕戦(対広島・マツダ)先発マスクへ、「背水」の状況にして、炭谷、小林、大城らと競わせる。

【写真】阿部慎之助「最後は捕手」引退覚悟、直訴

 中途半端な形にはしない。原監督は昨秋、電話で捕手復帰を志願してきた阿部について、完全に捕手に専念させる意向を示した。近年は体調を考慮して一塁手でプレーしたが、仮に他の捕手がマスクをかぶる場合でも一塁起用の構想はない。

 「ない。そういうことは慎之助にはしたくない。そこまで頼りたくないね。自分で、意志力の中で、キャッチャーというものを求めたわけだから。そこはキャッチャーで勝負。僕が仮にまた『慎之助ファーストいくぞ』と言ったら、チームは後退しているね。僕はチームを前進させるのが役割だから」

 一塁は新外国人のビヤヌエバ、中島らの競争。そこに、打線強化のために阿部を加える選択肢は、現時点で指揮官にはない。07年からのリーグ3連覇に貢献し、12年には打率3割4分で日本一に導いたかつての正捕手に、本気で勝負させる。

 「どういうキャッチャーとして彼がグラウンドに立つんだと。これは楽しみ。僕自身が知っているのは08年だったり09年だったり、あの円熟期だから。そういう姿で戻ってくるかもしれないし、そうでない姿を見なきゃいけなくなる可能性もあるし、楽しみだね」

 西武からFAで炭谷が加入。小林、大城、宇佐見らとの捕手争いは超激戦だ。原監督は「一塁・阿部」を封印し、厳しい目で見極める。開幕投手はすでに菅野と明言しているが、阿部の開幕スタメンマスクの可能性も十分あるとした。

 「開幕で慎之助がキャッチャーをやることだって十分あると思う。(反対に)もしかしたら慎之助といえども、開幕のベンチのメンバーに入っていないかもしれない。どう臨機応変にチームを作っていくかが僕の役割だから」

 捕手を「グラウンド上の監督」と表現する原監督。競争は激しくなる一方で、捕手・阿部の存在が小林らの刺激、さらなる成長の糧になるとも考えている。

 「小林は今、自分がどういう位置づけの中で野球をやっているのか。どういうつもりでジャイアンツの捕手で戦おうとしているのか。慎之助は今の小林をどう見ているのか。そういうものはサポートしてもらいたい。ジャイアンツの85年の歴史の中でナンバーワンキャッチャーですから」

 現在、阿部は米グアムで自主トレ中。原監督は「捕手一本」で迎える19年の阿部に大きな期待を寄せている。(片岡 優帆)

最終更新:1/7(月) 7:23
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事