ここから本文です

【ORESAMA インタビュー】みんなをさらに深いORESAMAワールドに連れて行ける曲

1/6(日) 12:02配信

OKMusic

結成当初の頃からの楽曲「ワンダーランドへようこそ」と、ライヴのみで披露してきた「秘密」を2019年のスタート曲として配信リリースするORESAMA。2月の新木場STUDIO COASTワンマン前に届けられた、色の違う2曲について語ってもらった。

ORESAMA インタビュー他の写真

──ワンマンライヴのタイトルにもなっている結成当初からあった楽曲「ワンダーランドへようこそ」と、ライヴのみで披露されていた「秘密」を2019年最初の曲として配信リリースする理由を教えてもらえますか?

ぽん:シングルとアルバムをわりと隙間なくリリースさせていただいていた中で、ずっと発表のタイミングを考えていた2曲だったので、ここでリリースするのがいいんじゃないかという話になったんです。それとこのタイミングなら、ずっと開催したかった新木場STUDIO COASTでのワンマンライヴで、みんなをさらに深いORESAMAワールドに連れて行けるんじゃないかなとも思ったので。

──「ワンダーランドへようこそ」は、いつぐらいに作られた曲なんですか?

小島:かなり初期の頃だと思います。今回はリリースするにあたってリアレンジをしようという話になったので、残っていた当時のプロジェクトファイルを開いて作業を始めました。そうしたら今の自分ではあり得ない作りをしていたというか、“なんでここはこうしたのかな?”という作りばかりで(笑)。

──昔の自分に出会ってしまったと。

小島:プロジェクトファイルは自分にとって写真のようなものなんです。昔の写真にメイクをし直すことができるっていうのがDTM(デスクトップミュージック)の音楽制作なんですけど、この曲は当時とても明るいキラキラしたパーティソングを作りたかったんだろうなっていうのが、音作りやコード進行に残っていたから、今思えばめちゃくちゃな曲作りだった当時の手法を全部汲み取ってデータを上書きするというか、さらに音を足して作っていくということをやってみました。僕はちょっと前にできた曲をリアレンジしてリリースする時って、だいたい昔の音は使わないで1からやり直すんですよ。でも、今回はある種の共作じゃないですけど、過去の自分と今の自分を対峙させて底抜けで明るいキラキラした曲を作りたかった当時の意思を引き継ぎながら、今のボトムがしっかりしたディスコのニュアンスを足した、ふたりで作るみたいなアレンジ方法で作っています。

ぽん:詞は小島くんの曲からすごくインスピレーションを受けていると思います。“ワンダーランドへようこそ”と、しつこいぐらいに繰り返す部分が聴き手の頭の中をぐるぐる回って、そこをみんなで歌いながらライヴが楽しめたらいいなと思っているんです。

小島:繰り返すのを恐れちゃいけないっていうのが、曲にはすごく大事だと僕は思っていて。変えて、変えてってやっていくと結局軸がぶれてしまうことも少なくないから、繰り返す度胸っていうのは絶対的に必要だし、リピートは恐れちゃいけないんです。

──もう1曲の「秘密」はORESAMAとしては珍しいメロウな曲ですね。内から外に向けた詞の多いぽんさんが、外から内に向かう詞を書いているのが珍しくて印象的でした。

ぽん:そうですね、珍しいパターンだと私も思います。曲を小島くんからもらった時に言葉では言い表せないんですけど、映像が観えて、ひとつの物語を観ている感覚のまま歌詞をスッーと乗せていったので、制作はすごく楽しかった記憶があります。

小島:このAメロは正解がないメロディーだったので、レコーディングでは自由に歌ってもらいました。それで録り終わった瞬間に正解ができたというか、独特な世界観の中にぽんちゃんの息遣いや癖みたいな本質的についつい出てしまう部分を収録したかったので、気持ちが表情として出るラップというか語りのようなものにしてみたんです。そこからのBからサビは、ちゃんとORESAMAらしくメロウで耳に残るきれいなメロディーっていうことを意識して作っています。

──アレンジを他の人に任せたのは?

小島:基本的に僕は人に曲を渡すのをあまりしないんですけど、「流星ダンスフロア」でテクノボーイズさん(TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND)と共作させていただいたりして、自分の音楽の幅を広げていくために必要なのは他の人とやることだったりするのかなとも感じていたので、親交のあったMiliのKasaiさん(Yamato Kasai)にお願いさせていただきました。もともと「秘密」はデモの段階でピアノとストリングスがメインになるような作りになっていたので、これはKasaiさんにお任せすれば絶対もっといいものになるっていう自信があったんですよ。Kasaiさんが静と動が蠢くようなフレーズを付けてくれたので、僕はあえてループするORESAMAっぽいドラムを作って、両者の世界観が両立したコラボレーション曲になったなと思っています。

──2月にSTUDIO COASTでのワンマンもありますが、今作リリース後の2019年の活動についてはどんなことを考えていたりするのでしょうか?

小島:僕はさらに曲をたくさん作ろうと考えていて、曲を作るのって仕事であり仕事ではないから、自分がいいと思える曲を常に追い求めてかたちにできたらいいなと思っています。曲に関してはディスコの元がファンクだとしたらもっとファンクっていう部分を追い求めないといけないので、それを今風にアレンジしたらどうなるのか、ファンクのリズムとJ-POPの歌メロがどう絡みつくのか…みたいなことも考えていて、J-POPで言うと90sリバイバル的なところもちょっと取り入れてみたいなとも思ったりはしていますね。

ぽん:原点回帰?

小島:そうだね。だから、今年はちゃんと自分が最初にやりたかったことをやろうって感じですかね。今のBPMの速いテンポで理想を追い求めるには自分の好きなものにもう1回戻って、そこをしっかりとしておかないといけないと思うし。

ぽん:私は今年も引き続き自力で広げていく活動をしていくんだろうなと思っているんです。お客さんが増えているからこそ、ひとりひとりと向き合っているという感覚をもっともっと大事にしたいなって思いますし、フロアーに来てくれる人が私たちとの間だけじゃなくて、隣のお客さんとも愛を持って遊べる空間というのはどうやったら作れるんだろう?っていうのをより考えていきたいなと思っているんですよ。

取材:山村哲也

OKMusic編集部

最終更新:1/6(日) 12:02
OKMusic

あなたにおすすめの記事