ここから本文です

井山棋聖「恐ろしい子」9歳菫さんの才能を大絶賛

1/6(日) 19:34配信

日刊スポーツ

4月1日から10歳0カ月30日という史上最年少で囲碁のプロ棋士となる小学4年生の仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)と囲碁界の第一人者で国民栄誉賞受賞者の井山裕太棋聖(29)が6日、大阪府東大阪市の市役所で公開対局を行った。

【写真】公開対局を行った仲邑菫さんと井山裕太棋聖

5日にプロ入りが発表された天才少女と、菫さんが「憧れ」と話す若き天才棋士との対局には報道関係50社以上、約100人のマスコミ関係者が詰めかけ、注目の高さが伺えた。

井山棋聖の出身地で行われた「井山杯新春囲碁フェスティバル」の記念対局として行われた一戦。東京都生まれの菫さんは5年前に大阪に移り住み、大阪市内の小学校に通いながら囲碁の腕を磨いている。対局前には、集まった報道陣の多さに井山棋聖が「本来は(出身地で)ホームの場なんですけど、この対局に関してはどう見てもアウェー」と苦笑いする場面もあった。

対局は時間切れとなり、勝敗は付かなかったが井山棋聖は「途中までは、はっきり押されて非常に苦しかった」と局勢を振り返り「ほんと恐ろしい子だなと思いました」と菫さんの才能を大絶賛した。憧れの存在との対局に菫さんは「打ててうれしかった」と笑顔だった。

多くの報道陣が囲んだ対局後の会見で、疲れや緊張の様子を見せる菫さんに井山棋聖は「非常に皆さまの期待も大きくて、菫さん自身も大変なことがあるかもしれませんけれども」と9歳の少女を気遣い「ご自身のペースで進んでいっていただければ」と優しくエールを送っていた。

この日で冬休みが終わり、7日から学校が始まるという菫さん。4月のプロ入り後は、大阪を拠点に公式戦を戦うことになる。将棋界では、最年少記録や連勝記録を打ち立てている16歳の藤井聡太七段が所属の関西を中心に活躍している。囲碁、将棋ともに関西の若き才能にこれからも注目が集まる。

最終更新:1/6(日) 23:34
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事