ここから本文です

奈良の「飛鳥」ナンバー、カッコよすぎると話題に 乃木坂ファンも注目「引っ越して3110のナンバーを」

1/10(木) 7:00配信

withnews

 2020年から奈良県で交付予定の自動車の「飛鳥ナンバー」がカッコよすぎと話題になっています。描かれているのは、朱雀(すざく)がダイナミックに羽ばたく姿。そして、なぜか乃木坂46のファンからも注目を集めているとか。その理由を調べました。(朝日新聞橿原支局記者・田中祐也)

【画像特集】「カッコ良すぎか!」と話題の飛鳥ナンバー、モチーフになったキトラ古墳の朱雀はこれだ!!

朱雀がダイナミックにデザイン

 飛鳥ナンバーは、奈良県の橿原(かしはら)市、明日香村、田原本町、三宅町、高取町の5市町村などでつくる「飛鳥ナンバー協議会」が準備を進めてきました。飛鳥京や藤原京など、古代の都が置かれた飛鳥地域を盛り上げようと企画されました。

 昨年5月に導入が決定し、9月にデザイン候補を発表しました。「飛鳥」という漢字と、明日香村にあるキトラ古墳の壁画に描かれた朱雀にちなみ、いずれも翼を広げた朱雀が描かれていました。ホームページや地域のイベントでアンケートを行った結果、9089票のいうち、最多の3433票が集まったこのデザインに決まりました。

 車の図柄入りのナンバーといえば、地域の観光地や名産が描かれたほのぼのとしたデザインが多い中、飛鳥ナンバーはたしかに斬新です。先月上旬に発表すると、ツイッターでは、「カッコ良すぎか!」や「これ飛鳥ナンバーだと!かかかかかかかかっけええええええ!」というつぶやきがありました。

乃木坂ファンからも熱視線

 飛鳥ナンバー協議会の担当者は「多くの方に好意的な意見をいただけて一安心」と話します。担当者によると、デザイン案を発表してから、「県外在住ですが、飛鳥ナンバーをつけられますか」という問い合わせが何件か寄せられているそうです。いずれも、電話の声の感じからすると、若い男性ばかりと言います。担当者がもしかしたらと考えているのが、乃木坂46の齋藤飛鳥さんのファンの方々です。

 たしかにツイッターでも「乃木坂ファン発狂ものでしょ」や「乃木坂好きは移住しよう」のつぶやきを見かけました。ファンとしては、飛鳥ナンバーをつけることで齋藤飛鳥さんを身近に感じたいということでしょうか。中には、「奈良に引っ越して3110(※さいとう)で希望ナンバー取る」という人も。

1/2ページ

最終更新:1/10(木) 15:54
withnews

あなたにおすすめの記事