ここから本文です

広島、長野を獲得「3番も打てる戦力」 丸の人的補償

1/7(月) 17:01配信

朝日新聞デジタル

 プロ野球の広島は7日、国内フリーエージェント(FA)権を行使して巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野(ちょうの)久義外野手(34)を獲得すると発表した。長野は巨人を通じ、「3連覇している強い広島に選んでいただけたことは選手冥利(みょうり)に尽きます。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」とコメントした。

 広島の球団関係者は「4連覇と日本一に向けて考えると、3番も打たせられる戦力が欲しかった。(広島関係者の)結婚式で会ったが、人柄もよく好印象だった」と説明した。

 長野は佐賀県出身。福岡・筑陽学園高から日大、ホンダを経て巨人に入団した。日大時代の2006年に日本ハム、ホンダでプレーした08年はロッテにドラフト指名されたが、巨人を志望していたためいずれも入団拒否。09年秋のドラフト1位で巨人に入団すると、新人王、首位打者、最多安打のタイトルを獲得するなど攻守にわたって中心選手として活躍した。昨季は116試合に出場し、打率2割9分、13本塁打、52打点。9年連続100安打以上を記録している。

 巨人は今オフのFA補強を巡って、内海哲也投手(36)の西武移籍が決まっている。内海も長野も選手会長を務めており、生え抜きのスター選手が続けて退団することになった。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事