ここから本文です

距離勘違いの山田敬士騎手、14日復帰!再出発インタ「『変わったな』と思われないといけない」

1/8(火) 6:04配信

スポーツ報知

 JRA史上初のアクシデントで3か月間の騎乗停止処分を受けているルーキーの山田敬士騎手(21)=美浦・小桧山厩舎=が、今週の3日間開催の最終日、14日から戦列に復帰する。昨年10月13日の新潟6R(ダート2500メートル)でペイシャエリートに騎乗した際、競走距離を勘違いして最下位に敗れるという前代未聞のミスはどうして起きたのか。復帰を前にした心境とともに聞いた。(聞き手・坂本 達洋)

 ―3か月間の騎乗停止処分が13日で満了し、14日から復帰が可能になります。今の心境は?

 「本当に多くの方々にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない気持ちでした。馬主さん、調教師の先生、多くのスタッフや競馬関係者の方には直接お会いして謝ることができても、馬券を買ってくださっている競馬ファンの皆様に気持ちを伝える機会がなかなかなく、もどかしい思いがありました。同じミスをしないことを肝に銘じ、騎手人生を歩んでいきたい気持ちです」

 ―騎乗できなかった期間を振り返ると、どういう時間でしたか?

 「今感じるのは、一頭一頭の馬に乗せてもらえることが、いかにありがたいかということです。自分自身を見つめ直す機会として、美浦トレセンで調教をつけている時間以外も、ほとんど外出せずに競馬のことばかり考えていました。乗りたい気持ちがあり過ぎて、毎週、土日になると競馬の夢を見てしまうくらいでした」

 ―あの時、何が。

 「あの時は自分のなかでも距離を確認していたつもりでしたが、レースを大雑把にイメージし過ぎていたのかもしれません。ポンとスタートで出て、思い通りの位置につけられて、『折り合い、折り合い』という方に気持ちがいってしまい…。自分の未熟さですよね」

 ―教訓は多い?

 「今回のことは、余裕がなかったことが原因だと思います。また競馬に慣れてきた時期で、悪い意味で慣れが出てしまったのかもしれません」

 ―ペイシャエリートの北所(きたじょ)直人オーナーに直接、謝罪に行ったと聞きました。

 「小桧山先生と一緒に北海道へ向かいました。僕としては殴られても仕方がないくらいの気持ちだったんですが、オーナーから『こちらも乗れると思って乗ってもらっているし、君だったらトップジョッキーになれるから。これからも応援するから頑張ってくれ』と言っていただきました。その言葉は大きかったですし、期待に応えなくてはいけないと身に染みました」

 ―なおさら恩返しへの気持ちは強くなります。

 「そのためにも、この3か月間は体をつくり直すことに取り組みました。下半身や体幹であまり筋肉がついていなかったふくらはぎのトレーニングを続けてきたら、攻め馬でも安定して馬に“はまっている感じ”になってきました。(騎乗フォームの安定が)いい意味での余裕につながると思いますし、結果につながればと思います」

 ―最後に改めて意気込みを。

 「『山田は変わったな』と思われないといけないし、皆さんに応援されるジョッキーを改めて目指していきます」

 ◆山田 敬士(やまだ・けいし)1997年9月18日、東京都生まれ。21歳。美浦・小桧山厩舎所属。昨年3月3日にデビューし、4月14日の福島6R(イペルラーニオ)で31戦目にして初勝利。JRA通算292戦7勝。目標とする騎手は武豊。155.6センチ、45.3キロ。血液型O。

 ◆山田騎手の距離錯誤VTR 昨年10月13日の新潟6R(3歳上500万)はダート2500メートルで行われ、スタート地点は向こう正面の2コーナー寄り。1周1472・5メートルのコースを1周半強するレースだったが、2番人気のペイシャエリートに騎乗した山田は1周目の直線手前から早々とスパート。ムチを入れて後続を離してゴール板を通過すると、レースを終えたように減速し、2コーナー付近まで馬場の外めをゆったり流した。レースを続ける他馬を見て勘違いに気がつき、2周目に入った向こう正面で馬群に合流したが、勝ち馬から4秒8差をつけられた12頭立ての最下位に敗れた。翌14日から騎乗停止となり、11月の裁定委員会で「騎手としての注意義務を著しく怠った」として3か月の騎乗停止処分が正式に下された。

最終更新:1/8(火) 10:36
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事