ここから本文です

東京都心は2週間も雨雪なし インフルエンザの流行拡大に注意

1/7(月) 11:35配信

ウェザーニュース

 関東地方は年が明けてからほとんどの日が冬晴れで、空気の乾いた状態が続いています。

 東京では去年の12月24日(月)以降、全く雨や雪が観測されておらず、昨日1月6日(日)まで14日連続で降水がありません。2週間全く雨や雪が降らないのは、2010年以来、9年ぶりになります。

今週は晴れ続きで、過去3位になる可能性

 寒候期で統計開始の1968年以降で、最も長い期間連続で雨や雪が降らなかったのは、1998年の21日間。

 今季は昨日までで14日連続ですが、東京は12日(土)頃まで晴れが続く予想で、過去3位以内に入る可能性が出てきています。

インフルエンザ流行の拡大に注意

 東京のインフルエンザ患者報告数は新学期が始まることもあり、年明けの1週目に比べて、2週目以降に大幅に増加する傾向があります。

 雨が降らなければ空気の乾燥した状態が続き、インフルエンザ流行がさらに拡大する心配があります。
 外出後のうがいや手洗いを欠かさないなど、日々の予防が大切です。

ウェザーニュース

最終更新:1/7(月) 11:47
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事