ここから本文です

実は秋冬が旬!?マニアが語る、ソフトクリームの世界

1/7(月) 6:30配信

食べログマガジン

「ソフトクリーム」というと、身近で気軽に食べられるスイーツのイメージでは? しかし、じつは近年の進化でさまざまなバリエーションが誕生している、とても奥深い食べ物でもあるのです。

「でも、こんな寒いのにソフトクリーム?」……いえいえ、今だからこそ楽しめるソフトクリームもたくさん!  今回は、年間300個以上ものソフトクリームを食べ歩き、それらを紹介するブログ「ソフカツ」を運営する高久早苗さんに、ソフトクリームの楽しみ方についてたっぷり語ってもらいました。

Q.ズバリ、ソフトクリームの魅力はなんでしょう?

「一期一会」なところです! ソフトクリームはその場でサーバーから出てきたものを食べるので、アイスクリームと違い、持ち運びやお取り寄せができません。同じお店でも気温やサーバーの調子、ソフトクリームミックスの混ざり具合、作る人の技量等によって、全然違うソフトクリームになるので、本当にそのソフトクリームは“その時”にしか食べることができないのです。

また、日本には“ご当地ソフト文化”があります。御朱印のような感覚で旅先のコレクションになりますし、後から写真を見返す楽しみもあります。

Q.ご当地ソフトを食べに遠くまで出かけることもあるのでしょうか?

ソフトクリーム旅行にも出かけます。昨年はソフトクリーム友達「ソフ友」と「ソフ旅」をしました。夜行バスで冬の金沢へ行き、一日で20個くらい食べてまた夜行バスで帰るという、過酷ながらも充実した旅でした。また、今年はソフトクリームのために一人でシンガポールにも行きました。2泊3日で12個だったと思いますが、もっともっと食べたいお店があったので不完全燃焼ですね。

Q.食べる頻度はどのくらいですか?

平日は仕事をしているので、週末にまとめて食べることが多いです。2018年はすでに400個を超えているので、平均すると毎日1個以上食べていることになります。

Q.ソフトクリームの美味しい食べ方を教えてください!

ソフトクリームはサーバーから出たてが一番(ビールと同じ)なので、できる限りすぐに食べるようにしています。なので、「スピード感をもって美味しく味わう」が大事です。

ソフトクリームはカップとコーンを選べることが多いのですが、私は断然コーン派です。コーンで〆ないとなんだか食べた気がしなくて。でも、ソフトクリームマニアの多数派はカップ派のようで、私以外のコーン派は聞いたことないかも。

「コーンは雑味!」と言っていた友人もいます。ただ、フルーツ系のシャーベットっぽいソフトクリームは、コーンとの相性がイマイチなので、カップで食べることが多いです。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事