ここから本文です

ZOZO前澤社長からの“100万円のお年玉”、当たったら課税対象になる?

1/7(月) 17:25配信

AbemaTIMES

 ZOZOの前澤友作社長が年始早々SNSを騒がせている。

 話題となっているのは、「ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします」という5日の投稿。7日午後0時時点のリツイート数は約384万件、フォロワー数は433万人を超え、リツイート数は世界記録を達成した。

 応募する人も多い中、気になるのは当選したらその100万円が法的にどのような扱いになるのかということ。弁護士・公認会計士の黒川康正氏によると「この場合は何かを販売するためにプレゼントをするわけではないので『景品表示法』には違反しない」という。また、当選した場合は抽選で賞金としてもらうため「贈与」ではなく「一時所得」になる可能性があると指摘。100万円のうち25万円が課税対象(税率・税額は当選者の所得によって変わる)との見方を示した。

 今回のツイートについて前澤社長は「みんなが欲しいのはお金じゃなくて夢なんだなって思う。100万円あったら○○に使いたいの○○が、友達や家族や社会や動物や、多くの自分以外に向けられていてなんか泣けてくる。日本、まだまだ捨てたもんじゃない。たくさんの夢がある。RT数が日本記録更新とのこと。うん、夢がある。ありがとう」とも投稿している。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

最終更新:1/7(月) 17:25
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事