ここから本文です

「ボヘミアン・ラプソディ」100億円突破へ「史実と違う」でもいい! 新旧ファンをとらえたメッセージ

1/9(水) 7:00配信

withnews

 Queen(クイーン)の軌跡を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の興行収入100億円、2018年の国内トップが確実な情勢となりました。ゴールデン・グローブ賞で作品賞と主演男優賞を受賞し、アカデミー賞の最有力候補にも躍り出ました。「史実と違う」という意見もありますが、長年のファンには、架空の場面に心を揺さぶられた人も少なくありません。様々な人をひきつける魅力を「俺が何者かは俺が決める」というセリフから読み解きます。(朝日新聞記者・岩崎賢一)

【画像】「エイズ」発表の翌日に亡くなったフレディ……追悼コンサートのチケットに書かれていたこと

「日本映画、NO,1も見えてきました」

 2019年1月7日(日本時間)、アメリカの第76回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で、作品賞と主演男優賞を受賞しました。

 授賞式に出席した、クイーンのメンバーであり、この映画の音楽総指揮をつとめたロジャー・テイラーさんとブライアン・メイさんも、それぞれ自身のインスタグラムに興奮した様子を書き込んでいます。

 「20世紀フォックス映画」によると、2019年1月6日現在、累計興行収入が84億5716万2480円、累計動員612万3160人です。

 お正月の三が日は、観客動員数と興行収入ともに冬休みシーズンに公開された映画を上回る数字、つまりランキング1位だったそうです。

 同社マーケティング本部長の星野有香さんは、こう見ています。

「興行収入100億円は確実で、2018年に日本で公開された映画のNO,1も見えてきました」

 1970年代や80年代に活躍したロックバンドを描いた映画が、山下智久さん、新垣結衣さんらが出演した「コード・ブルー」や、「名探偵コナン」を上回るということです。

 星野さんは、「ゴールデン・グローブ賞の作品賞を取れた意味は大きいと思います」と語ります。

 公開当初は、批評家の中でも、評価が割れていました。いわばファンの人たちに評価されてきた映画でした。だからこそ、「作品の評価をひっくり返してくれました」と感慨深く話してくれました。

1/5ページ

最終更新:1/9(水) 10:05
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事