ここから本文です

ウーマン村本 辺野古を巡る県民投票“ボイコット”市町村を糾弾「現状のまま甘い汁を吸いたい人たち」

1/8(火) 14:14配信

東スポWeb

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が8日、ツイッターを更新。沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関し、県民投票を実施しない可能性のある市町村に苦言を呈した。

 沖縄では2月24日に埋め立ての賛否を問う県民投票が行われる。

 しかし、宮古島市など一部の市町村では議会が予算案を否決するなどしたため、投票自体が行われない可能性がある。

 村本は「県民投票拒否する自治体は時代を作ることに参加しない自治体。現状のまま甘い汁を吸いたい人たち」と語気を強め、県民投票の実施を要求した。

 県民投票に参加しない市町村はトップに「辺野古賛成派」が多いとされ、鳩山由紀夫元首相(71)が「宮古島や宜野湾など埋め立てに賛成とみられる市長は県民投票をボイコットしようとしている」と、批判した。

 その一方で、ネット上には議会の決定も「民意」として慎重さを求める声もある。だが、村本は「参加しないということは決まったことに従うってことね。選挙と同じで」と主張し、結果を受け入れるよう強い口調で促した。

 村本はモデルのローラ(28)とともに、工事中止の嘆願書への署名を呼びかけている。

最終更新:1/8(火) 14:27
東スポWeb

あなたにおすすめの記事