ここから本文です

レスリング女子の吉田沙保里が引退表明!「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」

1/8(火) 15:53配信

東スポWeb

 レスリング女子で五輪を含めた世界大会16連覇を成し遂げた“霊長類最強の女”こと吉田沙保里(36)が8日、自身のSNSを更新し、現役引退を表明。33年間のレスラー生活にピリオドを打った。

【写真】リオ五輪の決勝で敗れうずくまる吉田沙保里

 吉田はインスタグラムにこれまで獲得してきた数々のメダルの写真を添えて「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と報告。続けて「ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。みなさん、本当にありがとうございました」と感謝した。また「後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と会見を行う意向を示した。

 レスリング女子55キロ級で2004年アテネ大会から五輪3連覇、世界選手権では13連覇を達成(14、15年は53キロ級)。世界大会では実に16連覇という大偉業を成し遂げた。

 12年には国民栄誉賞を受賞。五輪4連覇を狙った16年リオデジャネイロ大会(53キロ級)では決勝で敗れて銀メダルに終わり、世界大会の連覇が止まった。その後は戦列を離れ、進退を明言していなかったが、20年東京五輪を前に1年間熟考の末に決断した。

最終更新:1/8(火) 17:47
東スポWeb

あなたにおすすめの記事