ここから本文です

ゴーン前会長「無実だ」

1/8(火) 10:08配信

共同通信

 私的な投資の損失を日産自動車に付け替えたなどとして、会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)は8日、東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きで「容疑はいわれのないものであることを明らかにしたい。日産に損害を与えていない。人生の20年を日産の復活にささげてきた。無実だ。不当に勾留されている」と主張した。

 昨年11月19日に金融商品取引法違反容疑で逮捕されて以降、公の場に姿を見せるのは初めて。英語で約10分間意見陳述し、フランスとレバノンの駐日大使も傍聴した。

最終更新:1/8(火) 12:43
共同通信

あなたにおすすめの記事