ここから本文です

ニコン、Z 7/Z 6の「瞳AF」搭載ファームウェアを開発中

1/8(火) 12:17配信

Impress Watch

ニコンは1月8日、現在開発中のニコンZ 7およびZ 6用ファームウェアについて、アメリカ・ラスベガスの展示会「CES 2019」で参考展示すると発表した。

発売済みのニコンZに新機能を追加するファームウェア。ニコンのWebサイトで発表されている追加要素は次の通り。なお、CESの会場におけるタッチ&トライは用意されていないとのこと。

□Eye AF

被写体の瞳を検出し、ストリートフォトやポートレート撮影で瞳へのピント合わせを容易にするという機能。いわゆる瞳AF。

□RAW動画出力

ATOMOS Ninja Vと連携する、ProRes RAWコーデックを使用したRAW動画の出力に対応。

□CFexpress対応

XQDカードと互換性のある記録メディア「CFexpress」に対応予定。

デジカメ Watch,本誌:鈴木誠

最終更新:1/8(火) 12:17
Impress Watch

あなたにおすすめの記事