ここから本文です

藤井七段 19年白星発進 囲碁の最年少・仲邑菫さんにエール

1/8(火) 20:06配信

デイリースポーツ

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太七段(16)は8日、大阪・関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦のC級1組で富岡英作八段(54)を破り、19年の初戦を飾った。同棋戦は今期8連勝で、デビュー以来の連勝を「18」とし、1967~68年度に記録した中原誠十六世名人(71)と並ぶ歴代最多タイとした。また、各10局を戦い、上位2人が昇級するB級2組へ前進した。

 昼食に「黒毛和牛のカレーうどん」、夕食に「やさいカレー」を選んで白星発進した藤井七段は、タイ記録について「持ち時間6時間はふだんの公式戦では一番長い。その中でじっくり考えられてることが、ここまでの結果に通じてるのではないか」と語った。

 また、4月に史上最年少10歳0カ月で囲碁のプロ棋士となる仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)について、“最年少”つながりで質問が飛んだ。ニュースで知っていたという藤井七段は「自分が奨励会に入ったのが10歳のとき。10歳でプロ棋士になるのは信じられないくらいすごいことだと思いますし、本当にこれからが楽しみだと思います」とエールを送った。

あなたにおすすめの記事