ここから本文です

新年を機にインテリアを一新したい!イケア・ニトリの人気商品に注目

1/8(火) 15:48配信

FNN PRIME

2019年、まだ始まったばかり。気持ちを新たにインテリアを変えたい、と思っている人も多いかもしれない。

【画像】「イケア」と「ニトリ」注目の人気商品!

番組で、インテリア店の買い物客70人にアンケートを取ると、約8割の人が新年にインテリアを変えて、気分を一新したいと回答した。

そこで、大手インテリア店の「イケア」と「ニトリ」の売れ筋商品を調べてみると、新しい年を気持ちよく過ごすためのアイデアが詰まっていた。

10分で96人が足を止めた商品とは…

まず、新年セールを行っているインテリア家具・世界最大手の「イケア」。

取材した横浜市にあるIKEA港北には、1日約2万人が来店するという。

約1万点のアイテムが揃っているイケアで、井上清華アナウンサーが買い物風景をウォッチングした。

すると、客が通るたびに足を止めるスペースを発見。

10分で立ち止まった客の数は96人。注目度MAXの商品は「カラックス シリーズ」<4,999円(税込み)~>という収納家具。累計26万個も売り上げているという。

大小7種類の組み立て式ボックスと、中に入れる収納ケースのデザインも約40種類あり、組み合わせは自由自在。

実際に使っているというお宅では、以前散らかっていた部屋がカラックスを使用して壁一面で魅せる収納に変身。

色も白で統一させたことですっきりし、住人の女性は「人を呼べる部屋になりました。前は本当に誰も入れることができなかったので、心機一転整いました」と笑顔を見せた。

使い方イロイロなまな板!

他にも、店内に設置した定点カメラに映っていた人気コーナーを発見。

その商品名は「ホーグスマ まな板」<999円(税込み)>。

1年間で約30万台売れ、イケアで一番ヒットしている3段ワゴン「ロースコグ ワゴン」<4,999円(税込み)>にぴったりはまるように作られたのが、このまな板だという。

だが、このまな板は違う用途でも使うことができるということで、キッチンのサイドテーブルなどとしても使えるなど、現在約3万枚を売り上げている。

実際に3段ワゴンとまな板を使っているというお宅で伺うと、そのワゴンはリビングルームに置かれていた。

この家では、犬の世話をするものを入れ、掃除用具などはフタの下に隠して、上にはよく使うエサを置いているという。

1/2ページ

最終更新:1/8(火) 16:50
FNN PRIME

あなたにおすすめの記事