ここから本文です

15年の時を経て『ピクミン2』で隠し要素が発見される。『どうぶつの森』の「けけソング」が特定のセーブ画面で再生

1/8(火) 8:08配信

電ファミニコゲーマー

 2004年に発売されたニンテンドーゲームキューブ用ソフト『ピクミン2』で、15年の時を経て新たな隠し要素(イースターエッグ)が発見された。
 ゲームキューブにメモリーカードを刺さない状態で洞窟ダンジョンに入り、セーブ画面に入る。その状態で3分待つと、一部のファンには馴染みの深いメロディが流れる。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 このメロディは海外では「Totaka's Song」と呼ばれ、日本では「けけソング」として知られている。

 この「けけソング」のイースターエッグは、任天堂のサウンドコンポーザーでヨッシーの声優としても知られる戸高一生氏が参加した作品に隠されていることで有名だ。

 「けけソング」が確認されたもっとも初期のゲームは、1992年にゲームボーイで発売された『X』というシューティングゲームだ。『X』でもイースターエッグとしてこのメロディが隠されており、ミッション4の科学者の画面で40秒待つと流れる。

 この他、『マリオペイント』や『ゼルダの伝説 夢をみる島』、最近では『マリオカート8』などで同様のイースターエッグがこっそりと隠されているのが見つかっている。

 『ピクミン2』のように特定の画面で一定の時間待つことで見ることができるパターンもあるが、『ゼルダの伝説 夢をみる島』ではリンクの名前を「とたけけ」とすることでけけソングが流れ、『マリオカート8』ではコースを観戦するヨッシーが口ずさんでいるなど、異なる方法で隠されていることも多い。

 なお、ゲームのキャラクターとして「とたけけ」が登場する『どうぶつの森』シリーズでは、「とたけけ」に「けけソング」をリクエストするなどの方法でこのメロディを聞くことができる。

 なお今回新たな隠し要素が見つかった『ピクミン2』でも、以前からお宝コンプリート画面で3分50秒待つと「けけソング」が流れることが確認されていた。今回発見された「けけソング」はふたつ目というわけだ。ちなみに『ピクミン2』は後に『Wiiであそぶ ピクミン2』としてWiiに移植されたが、こちらはニンテンドーゲームキューブの方法で「けけソング」を聴くことはできない。移植の際に削除されたのか、あるいはまた別の方法で隠されているのかもしれない。

 『Wiiであそぶ ピクミン2』以外にも、『ウェーブレース64』や『Wii Music』など、戸高氏が参加した作品でけけソングイースターエッグが見つかってない作品が存在し、現在もファンにより探索が続いている。こうしたファン活動によって、今後も隠された「けけソング」が発見されることだろう。

文/古嶋 誉幸

電ファミニコゲーマー:古嶋 誉幸

あなたにおすすめの記事