ここから本文です

仏大統領支持率が1月に回復、抗議デモ続く中=世論調査

1/9(水) 10:18配信

ロイター

[パリ 8日 ロイター] - フランスのIfop・フィデュシアルが週刊誌パリ・マッチとシュド・ラジオ向けに実施した世論調査によると、昨年末に最低記録を更新したマクロン大統領(41)の支持率が、1月に入り回復に転じた。

大統領の支持率は、燃料税引き上げ計画への抗議に端を発して昨年11月半ばに始まった「黄色いベスト運動」などで低下に拍車がかかっていた。

調査では、大統領の支持率は前月から5%ポイント上昇し、28%と、2カ月連続の低下から上昇に転じた。

ほかにも、最近発表されたより小規模な複数の世論調査で、大統領支持率が12月末に回復してきていることが分かった。

Ifopの調査は1月3─4日、1014人を対象に実施された。その後となる5日には、デモ隊がオートバイやバリケードに放火する騒動が起きている。

最終更新:1/9(水) 10:18
ロイター

あなたにおすすめの記事