ここから本文です

吉田沙保里の幼なじみ 元新日プロ・平澤が「彼氏はいないそうです」

1/9(水) 16:58配信

東スポWeb

 元新日本プロレスの平澤光秀(36)と吉田沙保里(36)は、互いの父親が専修大学レスリング部の同期で旧知の間柄。幼少時から家族ぐるみの付き合いがある幼なじみだ。

 吉田の引退についても、この日の正式発表前に家族から報告を受けていたという。平澤は「今でも世界王者クラスより強いらしいですけどね。1ポイントも取らせない、と。ただ連続して試合するのは難しいと聞きました」と明かした。

 3分2Rの試合形式であれば現在でも“最強”の実力を誇るが、36歳という年齢面も含め4度目の五輪制覇を目指す体力を維持することは難しかったのかもしれない。

 自身も現在は事実上の引退状態にあるものの「33年間のレスリング人生お疲れさま。小学生の時に女子で裸で練習していたことを思い出します。旅館でいきなり浴衣に着替えたり、破天荒なチャンピオンでしたね。栄勝さん亡き後、必死に立ち向かっていき、つらい顔も見せずよく耐えたと思います」との言葉を贈った。さらに今後についても「後継者の育成やぜひ最強のDNAを残してください。いっぱいはじけてください」とレスリング界への貢献に期待を寄せた。確かに霊長類最強の遺伝子を継ぐ2世には注目が集まるところ。ただ、どんな“消息筋”を通じて得たのか不明だが「彼氏はいないそうです」という情報だけを本紙に伝えると、北の大地へと姿を消した。

最終更新:1/9(水) 16:58
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事