ここから本文です

「されたことが想像以上に酷すぎる」 NGT48山口真帆が暴行被害告白、他メンバー関与も示唆しファン騒然

1/9(水) 19:03配信

ねとらぼ

 新潟を拠点に活動しているアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さんが2018年12月、新潟市内の自宅の玄関先でファンの男性2人に襲われる事件が発生。山口さんはSNSで、NGT48内にメンバーの個人情報などを漏らす人物がいることや、対策しようとしない運営の状況などを明かし大きな反響となっています。

【画像】告白の場となった山口真帆さんの「SHOWROOM」

 NHKの報道などによると、事件が起こったのは2018年12月8日。山口さんの自宅玄関先にファンの男性2人(いずれも25歳)が押し掛け、帰宅した山口さんの顔をつかむなどしたとして暴行の疑いで逮捕。しかし、暴行の容疑は否認し、その後不起訴となり釈放されています。

 山口さんは1月8日にライブ配信サービス「SHOWROOM」の配信に登場。事件そのものへの言及はほとんどありませんでしたが、NGT48のメンバー内に“悪い事”をしている人物がおり、メンバーの個人情報が流出していることを告白。「全部本当のこと言いたいけど……本当の事言わないと何も解決しないし……」「運営さんだってクリーンなNGTにするって言ったのに、悪いことしているやつらだって解雇するって言ったのに、この1カ月待ったけど何も対処してくれてなくて」など、グループ内では目に見える対処が採られていないことへの不信や不満がたまっている様子でつづりました。

 その上で、「何で他のグループでは許されないことがNGT48では許されるのか」「取り返しがつかなくなったら何も間に合わない」「生きてる感じがしない」など涙で声を詰まらせながら心境を語っていましたが、なぜかその途中で配信は突如終了となりました。

 さらに9日にはTwitterでも心境を吐露。幾つかのツイートは既に削除されていますが、「違う男が向かいの部屋から出てきた」など、報道では分からない緊迫した様子を詳細につづった文章も投稿した他、家の場所や部屋の位置、帰宅時間などの情報が身内から意図的に漏らされ、あまつさえ家へと行くようファンをそそのかしていたことなど問題の根の深さを明かしています。

 幾つかの投稿したツイートの中では、「恋愛しないで真面目にアイドルやってたことが悪いの? ファンと繋がらなかったことが悪いの? なんでルールを守ってたことがこのグループでは怖いめに遭わないといけないの なんで真面目にやってる子が守られないグループなの 多くのファンを裏切って繋がってる人が正しいの? なんでそれを許すか分からない」と、一部メンバーや運営に対してのものとみられる思いの丈をぶつけています。

 山口さんはNGT48の1期生で、現在はチームGの副キャプテン。2018年に開催された「第10回AKB48世界選抜総選挙」では、前回(53位、2万888票)から順位を下げ70位(2万654票)でアップカミングガールズ入りしています。

 NGT48を含むAKB48グループでは2014年5月、当時メンバーだった川栄李奈さんと入山杏奈さん、会場整理スタッフが握手会で刃物を持った男性に襲われ負傷した事件もありました。本稿執筆時点でNGT48オフィシャルサイトなどではこの件についての公式な説明はありません。

 山口さんの告白はネットでも「されたことが想像以上に酷すぎる」「これは芸能人とか関係なしに犯罪」など大きな波紋を呼んでおり、山口さんの勇気ある告白に対して沈黙を続ける運営に「有耶無耶にしてないで早く明るみにすべき案件」と誠実な対応を望む声があがっています。

ねとらぼ

最終更新:1/9(水) 20:08
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事