ここから本文です

監督組合賞(DGA)ノミネーションが発表

1/9(水) 14:00配信

ぴあ映画生活

監督組合賞(DGA)のノミネーションが発表された。長編映画部門の候補に上がったのは、ブラッドリー・クーパー(『アリー/スター誕生』)、アルフォンソ・キュアロン(『ROMA/ローマ』)、ピーター・ファレリ(『グリーンブック』)、スパイク・リー(『ブラック・クランズマン』)、アダム・マッケイ(『バイス』)の5人。

DGAの結果は、オスカー監督部門と一致することが非常に多く、注目に値する。『アリー』で監督デビューを飾ったクーパーは、新人監督部門にもノミネートされた。この部門の候補者は、ほかにボー・バーナム(『Eighth Grade』)、カルロス・ロペス・エストラーダ(『Blindspotting』)、マシュー・ハインマン(『A Private War』)、ブーツ・ライリー(『Sorry to Bother You』)。

授賞式は2月2日。

文=猿渡由紀

『アリー/ スター誕生』
公開中

最終更新:1/9(水) 14:00
ぴあ映画生活

あなたにおすすめの記事