ここから本文です

所ジョージのYouTubeが話題。沖縄・辺野古で「アメリカの飛行機、アメリカに降りてョ」と熱唱

1/9(水) 19:40配信

BuzzFeed Japan

タレントの所ジョージさんが、米軍基地の建設予定地とされている沖縄・辺野古で「アメリカの飛行機、アメリカに降りてョ」という曲を弾き語りする様子をYouTubeにアップロードし、話題を呼んでいる。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【動画】所ジョージさんが辺野古で歌う

1月8日、所さんが弾き語りを披露するアカウント「世田谷一郎」名でアップロードしたのは、「2018-2019年始年末」という動画だ。

大晦日からお正月は沖縄にいたといい、「これ辺野古の基地建設の前なんですけれど、意外に静かでしたね。お正月はみんな休むんだね」とのコメントとともに、辺野古の海を映している。

そのうえで、「2019年1月1日」というテロップとともに、沖縄の伝統楽器・三線によるこんな弾き語りを披露した。

《アメリカの飛行機、アメリカに降りてョ

周辺諸国の防衛 沖縄の人の感情 両者正義で何年も揉めて

その間諸国は攻めるの 休んでくれているの か~な~》

コメント欄には「かっこいい」というコメントが相次いで寄せられているほか、Twitterで拡散している。

辺野古をめぐり発言する芸能人たち

沖縄県宜野湾市にある米軍・普天間基地の移設先とされる辺野古をめぐっては、政府と、埋め立て工事に反対する沖縄県の間で対立が続いている。

10月の県知事選では、辺野古への移設に反対を掲げた玉城デニー知事が当選。その是非を問う「県民投票」が開催されることになった。しかし、政府は12月14日に沖合の埋め立て工事を始めた。

こうした動きを受け、ホワイトハウスに県民投票までの建設停止を求める署名活動が話題となった。

沖縄出身のタレント・りゅうちぇるさんが紹介したほか、タレントのローラさんは「沖縄の海を守ろう!」と、ロックバンド・クイーンのブライアン・メイさんは「かけがえのない珊瑚礁を救うため」などと署名を呼びかけた。

ローラさんの発言には批判も

ローラさんの発言は、「政治的」などという批判にも晒されていた。

「意見が二分するようなことを言うのは、スポンサーからしたら大迷惑」(大王製紙前会長・井川意高氏)、「僕なら降ろします」(高須クリニック・高須克弥院長)という意見があがり、ネット上では「反日」「売名」などと誹謗中傷する声も広がった。

一方、この問題をめぐってピアニストの坂本龍一さんは朝日新聞(1月9日付)の取材に対し、こう答えている。

タレントのローラさんが署名を呼びかけていましたが、偉いですよね。日本では「袋だたき」に遭うのが怖くて口をつぐむ人も多い。ただ、ネット上の一部の人間の暴走をまるで社会の空気かのように感じる必要もないし、テレビ番組がその後押しをすることも本当にばかばかしい。僕は気にしません。

署名は、すでに20万筆を超えている。米国政府がその内容を検討し、60日以内に何らかの返答をすることになっている。

UPDATE 2019/01/09 21:27

一部表現を修正しました。

最終更新:1/9(水) 21:29
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事