ここから本文です

ギリシャ各地で異例の寒波、北部で氷点下23度 首都アテネでも積雪

1/9(水) 14:14配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【1月9日 AFP】ギリシャ各地で異例の寒波に見舞われている。8日は同国北部で氷点下23度を記録し、南部の首都アテネでも雪が積もった。当局は今月6日、寒波の影響で3人が死亡したと発表していた。

 雪のため当局は学校や裁判所を一時閉鎖し、多くの公共機関や銀行は最低限必要な業務のみ提供した。市民の多くは氷点下の気温のなかでの運転に慣れていないため、出勤せずに自宅で待機する人が続出した。

 しかしスイス・ローザンヌ(Lausanne)から訪問中の研究者、アントワーヌ・ビレダ(Antoine Viredaz)さんは、思いがけない大雪の到来に喜んでいる。「こんなに降るとは思わなかったが、素晴らしい」とコメントした。

 記録的な寒波を受け、同国北東部コザニ(Kozani)の当局者はアテネ通信社(ANA)に対し、学校は9日も休校にすると語った。10日には新たな寒波が到来すると予報されている。

 映像は、降雪に見舞われた首都アテネ。8日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:1/9(水) 15:03
AFPBB News

あなたにおすすめの記事