ここから本文です

【MLB】元阪神コンラッドがロイヤルズ1A監督に就任 球団社長も期待「ワクワクしている」

1/9(水) 12:11配信

Full-Count

2013年に1年間だけ阪神でプレーしたコンラッド

 元阪神のブルックス・コンラッド氏が、ロイヤルズ傘下1Aのレキシントン・レジェンズの監督に就任した。MiLB公式サイトが伝えている。

【動画】阪神キャップを被り鋭いスイングを披露 “就活中”の元虎ロサリオが打撃練習動画を公開

 コンラッドは2013年に阪神でプレー。24試合の出場で打率.175、0本塁打0打点と結果を残せず1年で退団していた。その後はメジャー復帰を目指しパドレスとマイナー契約を結んだが昇格することはなかった。

 MiLB公式サイトは「元レジェンズの選手だったブルックス・コンラッドが2019年の監督に就任」と見出しを付け、コンラッドが昨年まではロイヤルズ傘下ルーキーリーグ・バーリントンの監督を務めていたことに言及、記事では「コンラッドにとってロイヤルズ球団の監督を務めるのは、2019年シーズンで2年目となる」と伝えている。

 またレジェンズ球団社長のアンディー・シー氏のコメントも紹介しており「我々は元レジェンズの選手だったブルックス・コンラッドの加入にワクワクしている。2018年は素晴らしいコーチ陣にとても恵まれ、レキシントンにタイトルをもたらすことができた。今年もタイトルを守っていきたい」と、コンラッドの手腕に期待している様子を紹介している。

Full-Count編集部

最終更新:1/9(水) 12:26
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事