ここから本文です

セルジオ越後氏「他国も初戦で苦戦したというのは言い訳」…チーム全体の“準備不足”も指摘

1/9(水) 23:57配信

SOCCER KING

 日本代表は9日、AFCアジアカップUAE2019の初戦でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で逆転勝利を挙げた。2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本は26分にカウンターから先制点を許してしまう。それでも後半に大迫勇也が2得点、そして堂安律が決勝ゴールを決め、苦しみながらも勝ち点3を獲得した。

 サッカー解説者のセルジオ越後氏は「あまりにも出来が悪かった」と初戦を振り返った。

「他国も初戦で苦戦したから『日本も苦戦した』というのは言い訳に過ぎない。後半に3点取れたのは相手の足が止まったから。前半に比べて最終ラインが低くなって、球際も来なくなった。だから足元、足元のサッカーでも3点を取ることができた」

「ただ、初戦がこういう試合になったのは逆に良かったのかもしれない。ここまでの親善試合は4勝1分け無敗。自信過剰になっていたのでは? 南野や堂安も期待されていたプレーとは程遠かったと思う」

 また冨安健洋のボランチで起用について、アジアカップ初戦を迎えるにあたっての「準備は失敗」と指摘する。

「初戦からいきなりセンターバックの冨安がボランチで出場したということは、チーム全体としてコンディションの持って行き方が万全ではなかったということ。現地に入ってからのケガ人、体調不良は“緊急事態”だよ。初戦を迎える上での準備がうまくいったとは言えないね」

「次は中3日でオマーン戦。層の厚さが求められる大会だけに、このままのコンディションだと苦しい。決勝トーナメントに入ればもっと厳しい戦いになる。まずはチーム全体のコンディションをどこまで戻せるかが大事になってくると思う」

SOCCER KING

最終更新:1/9(水) 23:57
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事