ここから本文です

熊本電鉄脱線事故 10日も一部運休

1/10(木) 0:03配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

9日脱線した熊本電鉄で、国の運輸安全委員会による一日目の調査が終了し、車両の復旧や安全確認が進んでいます。

「脱線して約12時間後の午後7時です。これから電車をレールに戻す作業が始まります」(記者)

この事故は、9日午前7時前、熊本市中央区坪井で藤崎宮前駅に向かっていた2両編成の後ろの車両が脱線したもので、乗客や運転士にけがはなかったものの藤崎宮前駅と御代志駅の間で終日運休しました。

脱線した現場では、車両をジャッキアップしてレールに戻す作業が約2時間半かけ完了しました。

熊本電鉄は、10日の午前中もこの区間での運休を決めていて、その後線路の安全が確認でき次第運行を再開する予定です。

RKK熊本放送

最終更新:1/10(木) 0:03
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事