ここから本文です

NGT山口真帆、昨年12月自宅でファンから暴行被害 口ふさがれ…ショック休演

1/10(木) 5:59配信

デイリースポーツ

 新潟を拠点とするアイドルグループNGT48のメンバー山口真帆(23)が昨年12月、自宅の玄関先に押しかけた男2人から顔をつかまれるなどの被害を受けたとして、県警が暴行容疑で2人を逮捕していたことが9日、分かった。男性2人は、不起訴処分となり釈放された。

【写真】“半同棲”で文春砲被弾のNGTメンバー ステージで絶叫

 関係者によると、逮捕されたのは、山口のファンという20代の無職の男と大学生の男。事件は昨年12月8日午後9時ごろ発生。山口の自宅を割り出して3人で訪問し、帰宅した山口に話しかけた。驚いた山口が廊下で大きな声を出そうとしたため、2人が口を手でふさいだという。

 山口はNGT48の支配人に連絡し、約1時間後、支配人からの通報を受けて駆けつけた警察官が2人を逮捕。男性側に性的暴行等の意図はなかったとされ、不起訴になり釈放された。2人は「好意を持っていた。話をしたかった」などと話したという。

 山口は9日、自身の公式ツイッターで「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」などと記述。NGTの他メンバーが男性の手引きをしたとも訴えた。当該ツイートはすでに削除されている。関係者は本紙の取材に対し、「警察が男性の携帯電話などを調べた結果」とした上で、他メンバーの事件への関与について否定した。

 山口は8日にも、動画配信サイト「SHOWROOM」で、涙ながらに「今回私は助かったけど、殺されたらどうするんだろうと思う」などと話していた。他の関係者によると、事件のショックは大きく、劇場公演は昨年12月25日を最後に、休演が続いている。10日には新潟市のNGT48劇場で「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」が行われるが、出演するかは未定だという。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事