ここから本文です

【NJKF】波賀宙也、タイの新居建設のため「稼がないと」、元ラジャ3位と負けられない戦い

1/10(木) 20:18配信

イーファイト

 2月24日(日)東京・後楽園ホールで開催される、ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)の2019年シリーズ開幕戦『NJKF 2019 1st』の全対戦カードが発表された。

【フォト】波賀が譲られたバンコクの素敵な土地

 WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者・波賀宙也(29=立川KBA)が、元ラジャダムナン・バンタム級3位のラット(タイ)と対戦する。

 2015年と2016年は連勝していた波賀だが、2017年から昨年1月にかけては一転して5連敗。小笠原瑛作・裕典兄弟や現ラジャダムナン王者、元タイ国BBTV王者など強豪相手とはいえ苦渋を舐めた。

 しかし昨年2月大会でNJKF王者・前田浩喜に判定勝ちし連敗を脱出すると、9月、12月にも勝利を収めて3連勝。再び波に乗る。

 波賀はタイ人の妻と結婚しているが、以前妻の両親から農園3つを譲られ、昨年はバンコクに新居用の土地をもらった逆玉ファイター。
 自身のSNSではまだ空き地の土地画像をアップし「というわけで家建てます。稼がないと」と投稿。家は自身の力で建てなければならないようで、今回も負けるわけにはいかない。

 また、UKF世界スーパーバンタム級王者・大田原友亮(22=B-FAMILY NEO)も日泰戦。12月大会で波賀と僅差の勝負を演じた元タイ国北部王者ペットワット・ヤバチョウベースと対戦する。

 大田原はジュニア時代からタイに拠点を置き、ムエタイの二大殿堂ラジャダムナンスタジアムやルンピニースタジアムで活躍、ムエタイの国際大会『THAI FIGHT』と契約を結ぶなど、世界で活躍してきた日本人キックボクサー。
 タイを離れてからは新日本キック、ビッグバンのリングで試合を行い、昨年8月にはWMC日本フェザー級王座を獲得している。

最終更新:1/10(木) 20:18
イーファイト

あなたにおすすめの記事