ここから本文です

「非常に珍しい」兵庫・武庫川河口にイルカの群れ 渡船業者が撮影

1/10(木) 21:47配信

神戸新聞NEXT

 武庫川の河口にイルカの群れ出現-。兵庫県尼崎市内の渡船業者のスタッフが10日朝、約10頭の群れで泳いでいるイルカを目撃し、撮影した。神戸市立須磨海浜水族園でイルカ飼育を担当する古田圭介学芸員(41)は「太平洋に多いバンドウイルカかミナミバンドウイルカではないか」と分析。ただ、「これだけの群れが、陸に近い場所で目撃されるのは非常に珍しい」と話している。

【動画】10頭の群れで泳いでいるイルカ

 「武庫川渡船」(尼崎市平左衛門町)のスタッフ守田成希さん(41)によると、同日午前10時ごろ、西宮浜沖約3キロにある防波堤「武庫川一文字」に船で釣り客を迎えにいく途中、武庫川河口沖約2キロの地点で、約10頭のイルカの群れを見つけた。

 守田さんは「ふだんこの付近で、1、2頭を見たことはあるが、10頭も群れているのは過去数十年間で初めて」と話している。イルカは背びれを見せながら船に並走するような動きを見せ、約1時間後に姿を消した。(三津山朋彦)

最終更新:1/11(金) 7:36
神戸新聞NEXT

あなたにおすすめの記事