ここから本文です

秋元康氏が感心した落合陽一氏の「知識と人間力」

1/10(木) 20:56配信

東スポWeb

「AKB48」グループや“坂道”シリーズなどの総合プロデューサー・秋元康氏(60)が10日、都内で行われた「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード2019 presented by ゲーテ」授賞式に特別審査員として出席した。

 2011年から毎年開催され、今回で9回目を迎える同賞では、仕事を通して社会貢献したビジネスリーダーなどを顕彰する。

 トークショーで秋元氏は、「メディアアーティスト」として活動する落合陽一氏(31)が支持されている理由に触れた。

 秋元氏によれば、幻冬舎の見城徹社長(68)ら5人に落合氏を交えて会食することになったが、落合氏が30分ほど遅刻したという。「見城徹がキレる、ヤバいぞと不穏な空気が流れた」そうだが、落合氏は「悪びれる感じもなく『道が混んでいて遅れました』と」(秋元氏)

 そのまま散会となりそうだが、席に着いた落合氏の話が実に面白かったそうで「興味深い話を持っているから5人が引き込まれた。30分遅れたのを忘れてしまうほどの知識、人間力があった」という。

 希代のヒットメーカーも時代の寵児の才能を買っているようだ。

最終更新:1/10(木) 21:04
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事